CUSTOMER VOICE

譲れない条件をしっかり話し合っていたから、大満足のイデアコートに出会えました♪

S

PROFILE

物件エリア : 福岡市城南区
物件種別 : 新築一戸建て
ご家族構成 : 2名

interview

購入のきっかけは?

ご主人>
賃貸だと家賃がもったいないなと思い、元々住んでいた場所が駅近で利便性が良いので、そのエリアで出ていた分譲マンションを見学したのが始まりです。僕はもともと戸建派だったんですが妻はマンション派だったことと、当初住んでいた場所がマンションが多いエリアということで、なんとなくマンションから探し始めました。
奥様>
実家がマンションということもあって、マンションはセキュリティ面が良く、戸建は庭の手入れが大変そうなイメージがありました。でもマンションは駐車場代や修繕積立費もかかるので高く感じて、戸建も見てみようと思うようになりました。

物件探しの条件で特に重要視されたことは?

奥様>
交通の便が一番です!職場まで自転車で行ける距離で、なおかつ車の運転が苦手なので駅まで徒歩で行ける距離にあることが絶対条件でした。地下鉄空港線沿いが良かったですが、価格がとっても高いのでそれはあきらめました(笑)
購入した物件は職場まで近すぎず遠すぎず、ちょうどいい距離感でした。

物件探しの期間や件数はどのくらいでしたか?

奥様>
ネットではずっと見ていましたが、実際に見学し始めてから契約までは2ヶ月くらいだったと思います。新築マンションを2つ、新築戸建を2つ見たあとにイデアコートと出会いました。中古物件も話だけは聞きました。
ご主人>
マイホームに関して譲れない部分を事前にしっかり話し合っていたので、あまり迷わず購入の決断が出来ました。

スタッフの対応はいかがでしたか?

奥様>
共働きで仕事が忙しく、私たちの都合のいい時間があまりない中でも丁寧に対応してくださいました。気さくで話しやすく、相談などもしやすかったです。また知識も豊富で、いろんなことを教えてもらいました。

営業スタッフの森と一緒に記念撮影。お二人の柔らかい雰囲気にぴったりのナチュラルなインテリアが素敵でした♪

当社で決められた理由は何ですか?

ご主人>
イデアコートのことは、購入した物件とは別のイデアコートを見て知ったんですが、内装や仕様が気に入っていました。その物件は予算オーバーでしたが、営業スタッフの森さんから別のイデアコートを紹介してもらい、偶然も重なってこの物件に出会えました。
また職場で仲のいい先輩もイデアコートを購入していて、購入前に「イデアコートってどうですか?」と相談していました(笑)その先輩が薦めてくださったことも購入の後押しになりました。

奥様>
他の建売を見学した際、仕様がどうしてもマンションと比べて劣るのが気になっていました。イデアコートはマンション並に仕様が充実しているのが良かったです。実際に住んでみて、床暖房は足元が暖かくとっても気に入っていますし、スマートキーの便利さにも感動しています。戸建に住むうえで心配していたセキュリティ面についてもイデアコートは充実していますし、あえて庭の少ない家を選ぶことで手入れの不安もなくなりました。
私の叔父は注文住宅で家を建てたんですが、「注文住宅でこの仕様の家を建てたらすごく費用が高くなる」と言っていて、改めていい家に出会えたなと思いました。

新婚旅行で行った沖縄で作った手作りシーサーが飾ってありました♪

これからマイホーム探しをする方へのアドバイスやメッセージをお願いします。

奥様>
100%すべての希望が合致するものはないので、絶対譲れないポイントを決めておくことが大切だと思います。私たちの場合、私は駅までの距離、主人は予算に合うかどうかを一番重要視していました。元々賃貸で暮らしていたエリアでは、駅に近くなると予算が合わず、2人の希望が合いませんでした。でも優先順位を明確にしていたので、エリアを変えて駅近物件を探すことで、お互いの譲れないポイントをクリアし、いい物件に出会えた時すぐに決断できたんだと思います。

担当スタッフより

多くのご縁の中から弊社をお選びいただきまして、誠にありがとうございます!
お打合せをさせていただいた際のS様ご夫妻の印象は、「大変仲の良いカップル」です。新居探しもお二人でしっかり話し合いながら仲良く楽しんでこられたのだと暖かい気持ちになったことを覚えています。
この度、そんなお二人にご満足いただけるお住まいをご提供できましたことを大変嬉しく存じます。
また、以前ご契約いただいたお客様が偶然にもS様ご夫妻の親しい先輩でいらっしゃったことも、更なる驚きと喜びです。
これからも弊社の建物がS家の皆様の素敵な時間を重ねる一助になりますように努めてまいります。これからも変わらずお気軽にお声を掛けてくださいませ。

担当:森